広告転職
広告・Web業界の転職・求人情報サイト

広告業界の職種と仕事内容について

広告業界と一言にいっても、どのような職種があるのでしょうか。
種類ある中で、いくつか代表的な職種をあげでみたいと思います。

営業部門

広告主の課題や希望などをきちんと把握して、それに対して色々なメディアやアイディアを提案していく仕事になります。
広告に対しての戦略をできるだけ具体化させて、広告主と広告媒体社との橋渡しを行う重要な役目です。

プロモーションの予算管理や制作物の進行管理など、トータル的に携わるため、プロデューサー的役目も担います。

マーケティング部門

多くのマーケットの情報を集めて細かく分析していき、世の中で起きている動向や流行などを分析します。
それらをもとにして、広告主の商品やサービスに対して広告の戦略を立てていく仕事になります。

クリエイティブ部門

広告主の商品やサービスを宣伝するための素材を形にしてく仕事です。
コピーライターやデザイナーといった職種で、ビジュアルや言葉で、多くの人達の気を引くような広告を作り上げる職種になります。

PR部門

広告を出す人にとっては、その広告が多くの人から見てもらえることが一番の売りになりますし、そうでなければ広告を出す意味がありません。

PR部門では、広告主のイメージをどれだけ高めることができるのか、知名度を上げるための活動を広げていく役割を果たしています。
具体的には、メディアやニュースに取り上げてもらうことで、広告主の商品やサービスの認知度を高めてもらう活動などがあります。

各部門によって仕事の特徴は様々ですが、各部が連携して広告主のプロモーション活動を行っていきます。
広告業界では、このように多くの職種があり、それぞれの仕事が1つの大きな仕上がりになっていくのです。

関連記事

コラム

時代を面白くする「広告」

お役立ちコラム