広告転職
広告・Web業界の転職・求人情報サイト

広告業界の転職に有利な資格や適性とは

広告業界に転職するのに有利な資格などはあるのでしょうか。
さらに広告業界で働くために、向き不向きな性格などはあるのでしょうか。

広告業界への転職に有利な資格

広告業界に限ったことではありませんが、現代では多くの職業で、パソコンが出来なければ仕事にならないと言われてしまうほどです。
手紙などはまた別ですが、仕事上で文章を書く際に手書きをすることはまずないので、パソコンは扱えるようにしておきましょう。

広告業界ではスピードが求められることも多く、事務処理能力も問われることになります。
事務職を目指すなら、マイクロソフトオフィスエキスパートなどの資格をもっている人は重宝されやすいです。

また、広告業界に転職するにあたり、英語が扱えるということも非常に重要となってきています。
他の転職でも英語力があると有利に働きやすいです。
資格というわけではありませんが、TOEICで700点以上をとった実績があると、英語力があると認められやすくなるでしょう。

資格よりも出来ればコミュニケーション能力重視

転職で広告業界へと考えている方は、資格はもっているに越したことはありませんが、実はそれ以上にコミュニケーション能力が重視される場合が多いです。
また、コミュニケーション能力と似ていますが、人脈なども重要視されます。

この業界では、顔が広い人の方が何かと有利です。
そしてこの広い人脈が大きな武器になります。
現在既に人脈がある、または今後広い人脈を作れる人間性であることが、広告業界で働く適性とも言えるでしょう。

広告業界に向いていない性格とは

適性とは言えませんが、何か強いことを言われて精神的に弱くなってしまう人は向いていません。

特に広告代理店に勤める場合は、エンドクライアントと直接取り引きをする機会が多いため、メンタルはかなり強くなければなりません。
そのため、相手が目上だとしり込みしてしまう人などは、比較的不向きと言えるかもしれません。

適性というのは、どのような職業でもあるものです。
しかし、どんなに適性があっても、実際の職場で働いてみないことには、その人に合うか合わないかはわかりません。

どのような仕事にも前向きに取り組む姿勢を持てる人が、転職では有利になるでしょう。

関連記事

コラム

時代を面白くする「広告」

お役立ちコラム