広告転職
広告・Web業界の転職・求人情報サイト

広告業界における事務の仕事内容とは

どのような会社であっても、必ず事務の仕事は存在しています。
広告業界でも例外ではないのですが、他の業種と仕事内容が異なる点などは存在しているのでしょうか。

基本的な仕事内容は同じ

事務の仕事というのは、総務・経理・人事などがあり、それは広告業界でも同じです。
よってこれら事務の仕事で、仕事内容が大きく変わることはありません。

広告業界に限らず、会社が成り立っていくには欠かせない共通の仕事内容で、経営を円滑にまわし、業務の効率化をはかる上で大事なポジションとなります。

一般企業の事務とは異なる点

広告業界も他の企業も、事務の仕事は基本的に同じになっています。
しかし、事務の中でも営業をサポートをするような仕事では、一般企業の事務員と異なる点があるかもしれません。

例えば企画立案やコピー作成、広告のデザインや文章のチェック、スケジュール管理などが挙げられます。
もちろん会社によっても多少変わるでしょうが、広告業界では営業をサポートするために多岐に亘る仕事を行う必要があるため、臨機応変な対応ができる人が求められます。

また、制作物や原稿の管理をする上では納期をシビアに扱わなくてはならないので、時間管理能力が求められます。

広告業界の事務員として転職するには

広告業界で正社員として事務職に転職するのは、募集も少なく狭き門となります。
未経験の場合は、アルバイトや契約社員として経験を積むのが近道といえるでしょう。

必要なスキルは事務の経験とパソコン、特にワードやエクセルなどは必須だといえるでしょう。
また、多くの部署や外部とのやり取りも多くなるため、コミュニケーションスキルも重要になります。



どこの業界でも仕事は厳しいですが、広告業界の事務はいろいろな仕事を任されることが多くなっています。
また、広告業界は来客の数が多くなっているので、来客応対をきちんとできることも重要になります。

関連記事

コラム

時代を面白くする「広告」

お役立ちコラム