広告転職
広告・Web業界の転職・求人情報サイト

広告業界における営業の仕事内容とは

広告業界で営業の仕事を行う場合、一般的な営業と仕事内容が異なる面もあります。
基本的に同じとは言っても、どこがどのように異なるのか、どのようにすれば広告業界に就職できるのかを紹介していきましょう。

広告業界での営業の仕事内容

広告業界の営業の仕事は、テレビコマーシャルや折り込みチラシなどで宣伝をしてもらいたい企業から依頼を受け、マスコミ関係に企画を持ち込む仲介役のような存在でもあります。

クライアントであるお客様の担当として、お客様が抱える課題や目的をヒアリングし、それを解決するためのプロモーション活動を提案します。
最適なプロモーション活動を行うには、テレビやラジオ・新聞・雑誌といったマスメディアや、WEBといった媒体をどのように使うのかといったプランを立て、予算管理や実行計画などを一手に担うのが営業の仕事となります。

一般的な営業と異なる点

営業はどこの業界でも基本的な仕事内容は変わりません。
一般的な営業と、広告業界の営業と異なっている点は、大手企業とマスコミの橋渡し的な役割なので、家を借りたい人と大家との橋渡しをする不動産屋のようなものです。

物やサービスを直接売る営業とは違い、自分も企画に参加してどのようにコマーシャルやチラシを作成するのかといったクリエイティブな面も併せ持ちます。
ただ仕事を取るだけではなく、作成にも携わっているのが他の営業と違うところでしょう。

広告業界の営業へ転職するには

広告業界の営業の募集資格は、多くの場合四大卒以上となっています。
また、法人営業経験や同業種での就業経験を求められる場合も多くあります。

広告業界での営業は、一般の営業職よりも総合的なコミュニケーション力を求められ、体力面や精神面でもタフなことが要求されます。
また、長時間労働になることも多く、給料は平均より高めの場合が多いですが、その分仕事内容がたくさんあり、厳しいところも多いといえるでしょう。

憧れだけでなく、広告業界の現状や自分の適性、広告業界で自分は将来どういう存在になりたいのかを明確にすることが、転職活動の第一歩といえるでしょう。

関連記事

コラム

時代を面白くする「広告」

お役立ちコラム