広告転職
広告・Web業界の転職・求人情報サイト

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの仕事の違いとは

「デザイナー」という言葉が入っているだけで混同されがちの「グラフィックデザイナー」と「WEBデザイナー」。

この両者にはどのような特徴があり、そしてどのような違いがあるのでしょうか?
違うようで根底は似ている二つの職業について紹介していきましょう。

グラフィックデザイナーの仕事について

グラフィックデザイナーはグラフィック制作を専門とする人です。

グラフィックの他には、イラスト、キャラクターデザインなどを請け負う事もありますが、雑誌の広告ポスターやチラシ、商品パッケージなど主に印刷物のデザインをするのが仕事です。

自分で自由にデザインをするわけではなく、広告代理店や広告制作会社などに属し、企画内容や企画のコンセプト、ターゲットに沿ったデザインを考えたり、他の専門職の人とチームを組んでプロジェクトに参加するケースがほとんどです。

グラフィックデザイナーになるために必須の資格があるわけではありませんが、PhotoshopやIllustratorのスキルが求められるのが一般的になります。
美術系の大学や専門学校などでデザインを学び、社会に出て実践を積んでスキルアップしていく人が多い世界です。

WEBデザイナーの仕事について

インターネット上にはホームページをはじめ、キャンペーンサイト、スペシャルサイトなど様々なWEBページがあります。

どの企業も自分のサイトにアクセスしてもらいたい一心でWEBサイト制作をしていますが、人目を引くWEBサイトや良質なWEBサイトをデザインする仕事がWEBデザイナーの仕事です。

WEBデザイナーの仕事は、WEBページのアイコンやロゴの配置、サイト全体のザインなどを行う仕事の他に、コーディングというWEBページのデータの作成、プラグインプログラムの実装、オープンソースのプログラムをカスタマイズするといった技術的な作業もあります。

企業によってはコーダーとデザイナーを分けている会社もありますが、WEBデザイナーになる為にはコーディングの知識があると、就職や転職の際に有利に働く場合があります。

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの仕事の違いとは

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの仕事の違いは明確です。

例えばとある企業が一つのプロジェクトを推進する事になった場合、キャンペーン用のWEBサイトを作る時は、サイトページの枠組みやアイコンの配置、フォントの形や大きさ、外観のデザインなどをクライアントと相談して制作してするのがWEBデザイナーです。
そして、キャンペーン用のキャラクターのデザイン、ポスター、フライヤーなどの印刷物の制作に関わるのがグラフィックデザイナーの仕事です。

同じデザイン系の仕事でもかなり違いはありますが、依頼されたクライアントの意向に沿って、宣伝に効果的なデザインをするという共通点もあります。
どちらの職業も多様な依頼に対応できるようにスキルを積んでおく事が得策です。

関連記事

コラム

時代を面白くする「広告」

お役立ちコラム